借金返済あれこれ

プロミスの返済の取り立ては要注意!良い方法はある?

更新日:

Pocket

長友
もしプロミスから取り立てが来たらどうなるの?やっぱり結構まずい状況なのかな?
まあ、滞納してる時点でまずい状況ではあるかな(苦笑)
ただ、一概には言えないけど、まずいのにも段階があるね。
金山
長友
なるほど。今時の消費者金融は過剰な取り立てはないと思うけど、それでも放置してるのは良くないだろうからね。
そうだね、人それぞれ返済出来ない事情はあるし。どういった段階があるかとか解説しようと思う。
金山
それでは、今回はプロミスから督促状が来たらどうなるかっていうのと対処法を見てもらうね。
金山
長友
よろしく!

 

3分で匿名・無料診断が出来ます!

無料借金減額診断はこちら!

あなたの借金減額、できるかもしれません

 

Contents

基本的にプロミスから過剰な取り立てはされない

プロミス(正式名称:SMBCコンシューマーファイナンス)を始め、消費者金融の借金を返済しないと、取り立てが行われます。

「取り立て」と言いますと、ドラマや漫画で出てくるような「怖いお兄さん」が来て、「はよカネ返さんかい!」と声を荒げる悪いイメージがあるかもしれません。

しかし、昨今の消費者金融はそういった事は無く、むしろその様な過剰な取り立てをすると、法律違反になりますので営業停止になります。

また、SNS文化なので、そういった行為が投稿されると直ぐに炎上してしまいます。

確かに一昔前、昭和の時代にはその様な取り立てをする業者もあったようですが、現在では皆無です。
※因みにその様な業者は軒並み潰れているようです。

しかし、そういった過剰な取り立ては無いにしても、取り立て自体はあります。

取り立てという響きが悪いので、「督促」とも言い換える事が出来ます。今回はその、「取り立て」=「督促」について見て頂くことにします。

 

会社や自宅に消費者金融が取り立てにくる可能性はない

まず安心して頂きたいのは、会社や自宅にプロミスの社員や委託を受けた業者が、直接取り立てに来ることはないという事です。

きちんと認可を受けた消費者金融ですので、もし脅迫まがいな事を行いますと、直ぐに業務停止命令が下される事になります。

また、昨今のSNS文化で大手の消費者金融がその様な事をすると、直ぐに炎上する事になります。むしろ、プロミスの取り立ての電話は、柔らかい口調である事が多く、返済者を気遣ったものになっております。

ただし、あまりに連絡が取れないと、事件や事故にあったのではないかと思われて、「訪問」という形で「居住確認」と「返済意思」の為に、社員が自宅へ伺う事はあります。

これはよほどの事ですし、あくまでも確認の意味合いが強いので、身の危険がある事は全くありません。

とは言え、電話や督促状で取り立てを受けているという事は、非常にまずい状況である事を認識すべきです。

 

プロミス以外から取り立ての連絡が来ることがある

プロミスはSMBCグループであり、大手でありますので、自社以外のグループ会社や委託された外部の業者に取り立てを依頼する場合があります。

主なものが、以下になります。

プロミスが委託する回収業者

アビリオ債権回収
エイチ・エス債権回収
SMBC債権回収

これらの会社から連絡が来る場合がありますので、注意して頂ければと思います。借金回収のプロですので、法律に違反するような取り立てはしないですが、きちっと回収しようとします。

返済出来ていないので、当たり前と言えば当たり前なのですが、誰しも返済が出来なくなる事情はあります。

しかし、個人で対抗するのは難しいので、何らかの手だてを打たなければならないでしょう。

 

借金を返済できていない事実の方が大問題

そもそもの話として、借金が返済出来ていない事実の方に大きな問題があります。もちろん、前述しました様に、誰しも返済できない事情はあるでしょう。

怪我や病気や家庭の事情など、色々あると思います。

しかし、プロミス側からすると、そういった事は一切関係ないですし、返済していないものが悪いと見なします。

プロミスからすると、決められた返済がされていないので、取り立てまでして回収しようとするのは当然の事です。

この借金を返済出来ていない事実そのものが大きな問題なので、根本的に解決策を考える必要があります。

しかし、無い物を用意しろというのは酷な話です。もう、借金を減額する以外の方法はありませんよね?

例えば、債務整理であれば借金返済のプロである弁護士に相談する事で、借金を減額したり、場合によってはゼロにする事が可能です。弁護士であれば貸金業者との間に入って交渉を行いますので、取り立て自体がストップします。

また、どのくらい借金が減額されるかシミュレーションする事も出来ます。まずは、以下のサイトでいくらくらい借金が減額できるかシミュレーションしてみましょう!

弁護士との初回面談は無料ですし、話を聞いてから依頼する事が可能です。

 

3分で匿名・無料診断が出来ます!

無料借金減額診断はこちら!

あなたの借金減額、できるかもしれません

 

プロミス遅延時の取り立てについての流れ

ここではプロミスの返済の遅延時の取り立ての流れについて見て頂きます。

まず、基本的に、取り立てが来た時点で早めに返済するか、何らかの手立てを打つことが最善です。返済出来ない場合は、減額する手段を考えるべきです。

以下より、取り立ての流れをご確認頂ければと思います。

 

電話やメールでの督促がある(1日目)

まず1日でも支払いが滞納すると、電話やメールで督促が来ます。これはプロミスに限らず多くの貸金業者がそうですが、ご自身の携帯電話に連絡が来る様になります。

本人以外の家族などが出た時の為に、個人名やプロミスとは別の社名を名乗って連絡があります。

この電話は荒々しい口調ではなく、穏やかな話し方になります。数日程度であれば、口頭で返済日を決めれば、その決められた返済日までは連絡は来なくなります。

しかし、返済がないと再度の連絡が来ます。

 

書面での督促が届く(1~4週間)

携帯電話やメールへの督促の電話を無視すると、書面での通知が届きます。最初はそこまで厳しい内容ではなく、「〇日までに支払いください」の様な内容になっています。

また、これはケースバイケースですが、滞納が繰り返されたりしていると、内容も最初から厳しいものになる事があります。

例えば、「これ以上滞納期間が延びると、裁判所に訴えます。」の様な内容です。当然ですが、支払えるのであれば早く支払うのに越したことはないです。

 

自宅や勤務先への電話連絡(1~4週間)

書面での通知と前後して、携帯電話の連絡を無視すると、自宅や勤務先に電話連絡が来る事があります。

これはもちろんプロミスとは名乗らないですが、何度か似た様な電話が来る事になりますと、家族や職場の人から不審に思われる可能性があります。

また、プロミスから取り立てを委託された会社の名前などを名乗って来た場合、その名前をネットで検索されると借金をしている事がバレる可能性があります。

いずれにしても早めに手を打つことが必要です。

 

3分で匿名・無料診断が出来ます!

無料借金減額診断はこちら!

あなたの借金減額、できるかもしれません

 

保証会社・サービサーから一括請求が来る(2~3ヶ月)

滞納機関が、2~3か月経過すると、プロミスが業務委託をしている保証会社やサービサーから一括請求が来ます。これは文字通り、「残金を一括で支払ってください」というものになります。

また、支払えない場合は、裁判になりますという厳しいものになって来ます。他にも91日以上延滞すると、信用情報機関に事故情報として、「長期延滞情報」が記録される事になります。

こうなると、他社の借り入れは出来なくなりますし、クレジットカードやキャッシュカードの新規契約は出来なくなります。現在保有しているクレジットカードやキャッシュカードも更新の時期が来ると、使えなくなる可能性が高くなるでしょう。

この長期延滞情報が取り消されるのは、「延滞が解消されてから」5年です。延滞の時期が延びれば伸びるほど事故情報が解除される期間が延びます。

 

裁判所から訴状が届く(2~3ヶ月)

電話や書面での督促を無視したり、何らかの状況で返済が出来ない場合、以下の様にプロミスが裁判所へ訴えを起こします。そして、裁判所経由で督促状が届きます。

督促書の期限と内容
督促書名 異議申し立ての期限 内容
支払督促申立書 2週間以内 裁判所との交渉を行える。和解が成立すれば取り立てはなくなる。
仮執行宣言付支払督促 2週間以内 最後通告。裁判所との交渉を行える期限を過ぎると、差し押さえを受ける。

支払督促申立書は、簡単に言うと、「連絡が取れないので、一度裁判所で話し合いましょう。」と書かれています。裁判所から訴状が届いてから、異議申し立ての期間が2週間あります。

その間に、裁判所に出廷し、一括で支払いが出来たり、給与などを踏まえ、プロミスとの分割での支払いで和解出来れば督促は止まります。

支払督促申立書を無視したら、「仮執行宣言付支払督促」が裁判所より届きます。これは「これ以上返済が無いと訴えますよ」という最後通告になります。

この二度目の督促も異議申し立ての期間が2週間あります。2週間以内に異議申し立てが出来れば良いですが、出来なければ差し押さえを受ける事になります。いずれにしても、ここまで来ると、直ぐにでも弁護士などの法律の専門家に依頼するのが最善です。

 

延滞3ヶ月で裁判所から執行官が来て差し押さえを受ける

裁判所から二度目の訴状が届き、それに対処しないと執行官が自宅に来て、財産か給与面の差し押さえを受けます。

財産に関しては、自宅にある換金価値のあるものは売却される事になります。もちろん、これにはルールがあり、生活する上で必要最小限のものは残す事が出来ます。

また、給与も法律で、1/4以上は差し押さえてはいけないというルールになっています。

差し押さえを受けても、最低限の生活出来るのであれば大丈夫ではないか?と思われるかもしれません。

しかし、完済するまで何年も差し押さえを受けますので、切り詰めて生活をしなければいけないなど制限が大きくなります。さらに、クレジットカードやローンの新規契約も出来ないので、生活の制限は大きく掛かります。

 

3分で匿名・無料診断が出来ます!

無料借金減額診断はこちら!

あなたの借金減額、できるかもしれません

 

プロミスから取り立てが来た場合、早めに債務整理を検討する

プロミスから取り立てが来た場合、早めに債務整理を検討するのが良いでしょう。早ければ早い方が手を打ちやすくなりますし、支払う金額も少なくなる可能性が高くなります。

後述しますが、差し押さえまでいくと、もう手遅れの可能性が大です。そうならないうちに、あなたは一刻も早く借金の減額相談をすべきです。

 

督促が止まるなどメリットが大きい

今あなたはプロミスからの取り立てに頭を悩ませているかもしれません。早く支払いを済ませなければいけないですし、今回の支払いが出来ても、来月からまた苦しくなるかもしれないです。

債務整理であれば、弁護士がプロミスとの間に入って交渉しますので、督促は直ぐに止まります。例えば「任意整理」では、将来利息をカットしたり、3年~5年掛けて長期で元金のみ分割払いが出来る様になるなど、メリットが大きくなります。

他にも「個人再生」は大幅に借金を減額出来ますし、「自己破産」は借金を帳消しにする事が出来ます。現在、消費者金融の借金に頭を悩ませているのであれば、債務整理を行えばその問題がクリアになります。

また、多くの弁護士事務所は初回の相談は無料です。そこで、どの程度借金が減額出来るか分かりますので、話を聞いてみるのも良いでしょう。

 

当サイトおススメの債務整理に強い、東京ロータス法律事務所です。借金問題の解決実績が豊富で、相談は無料です!
金山
債務整理に強い!東京ロータス法律事務所のメリットと特長

続きを見る

 

裁判所に訴えられると債務整理が難しくなるので、早目の対処が必要

裁判所に訴えられる最終段階まで来ると、2週間以内に異議申し立てをしなければ差し押さえを受けるのはお伝えしました。

プロミスは業界でも最大手の消費者金融であり、SMBCコンシューマーファイナンスと正式名称が変更されました。
※プロミスの名称は存続しています

その名前からも分かる通り、三井住友フィナンシャルグループの傘下に入り、債権回収のプロの弁護士や司法書士も在籍しています。その為、個人で対抗するのは難しいですし、裁判を行い、資産の回収はしっかり行われます。

また、10年間は差し押さえの影響を受けますので、生活を圧迫する事は間違いないでしょう。

裁判所に訴えられてから債務整理を行う事も出来なくはないのですが、手続きも複雑化し、交渉も難航します。弁護士費用も多く掛かってしまいます。その為、プロミスから裁判所に訴えられる前に、直ぐに弁護士に相談するべきです。

 

3分で匿名・無料診断が出来ます!

無料借金減額診断はこちら!

あなたの借金減額、できるかもしれません

 

プロミスの取り立てを受けた際の注意点

ここでは、プロミスから取り立てを受けた際の注意点を記載します。何度かお伝えしていますが、早めに対処せずに、後手後手に回ると差し押さえを受けるなど、取り返しが付かなくなります。

ご確認頂ければと思います。

 

1日でも早く返済して滞納を解消する

まず最も肝心な事は、取り立てを受けたら、1日でも早く返済して滞納を解消する事です。誰しも返済が遅れる事情はあるでしょうし、プロミス側もその点は理解しています。

そういった事情をきちんと伝えましょう。病気やケガや家庭の事情など、責めれられない部分もあります。

 

遅延損害金が付く

1日でも返済が遅れると、遅延損害金が付きます。

その計算式が以下になります。

遅延損害金=借入額×遅延利率÷365×遅延日数

例えば、プロミスから30万円借りて、30日遅れた場合の計算式は以下になります。

返済が30日遅れた場合の遅延損害金

30万円×20%÷365日×30日=4932円

つまり、毎月の返済額に4932円をプラスして返済しなければなりません。これは結構大変ですよね。

遅延が無くなれば、この遅延損害金も無くなりますが、遅れれば遅れるほど額が大きくなりますので、注意が必要です。

 

返済が遅れる場合には事前に連絡する

返済が遅れそうであれば、プロミスから取り立てが来る前に、事前に連絡する必要があります。そこで、「〇〇日までに払えそう」だという事を伝える必要があります。

大抵は次の給料日まで待ってもらえることが多いです。これは給料日であれば確実に返済が出来ると考えられるからです。

しかし、もし、こういった連絡をしない場合、プロミス側からの評価が下がります。例えば、借り入れの限度額が下がったり、返済の連絡を行わない事が何度か続くと、借り入れ自体が出来なくなるかもしれません。

まずは、取り立てが来る前に事前に連絡をする事が肝心です。

 

プロミスに分割交渉を行うのも手

もし、支払いが大変であればプロミス側と分割交渉するのも一つの手です。裁判になる前に交渉を行い、和解する事が出来れば、差し押さえをされる事がなくなります。

例えば給与の差し押さえをされなければ、会社に借金を滞納していることを知られる心配はなくなります。

しかし、交渉には専門的な知識が必要になりますし、時間も掛かりますので、個人で行う人はほとんどいないのが現状です。

 

支払い督促が届いたら弁護士と直ぐに異議申し立てをする

もし、支払い督促が裁判所より届いたら、弁護士に依頼して異議申し立てを行うべきです。そのまま放置すると、給与などの財産は差し押さえになります。

ご自身で異議申し立てを行う事も出来ますが、裁判所に出廷する必要があったり、利息や遅延損害金がカット出来ないなどリスクが大きいです。

法律の知識が無ければ、貸金業者の要求の大半を飲まなければいけなくなります。

弁護士と共に、異議申し立てを行えば、利息や遅延損害金がカット出来る上に、裁判所に出廷する必要がないなどメリットが大きいです。

 

3分で匿名・無料診断が出来ます!

無料借金減額診断はこちら!

あなたの借金減額、できるかもしれません

 

プロミスなどの消費者金融の取り立てを受けた際のリスク

プロミスなどの消費者金融の取り立てを受けるまで来ると、リスクが大きいです。確かに、昔に比べて法も整備されまして、恫喝するような取り立ては無くなりました。

しかし、大手の消費者金融はきちんとした手順に則って取り立てを行いますし、場合によっては外部の業者に委託して取り立てを行います。これらの業者はプロなので、逃げるというのはなかなか難しいです。

 

信用情報機関に傷が付いたり遅延損害金が付くなどリスクがある

プロミスなどの消費者金融の借金を1日でもすると、遅延損害金が付きます。

さらに延滞が2~3か月以上続くと、信用情報に傷が付き、新規のクレジットカードの作成やローンを組む事が出来なくなります。また、既存のクレジットカードも更新の際に信用情報機関を照会しますので、利用出来なくなるでしょう。

 

法的手続きを取られると対処が難しくなる

前述しましたが、プロミスが裁判所に訴え、最後通告の後、異議申し立てをしないと差し押さえを受けます。この段階で弁護士に相談をしても対処が難しくなります!

また、法的手続きなので、法に則って差し押さえを受けますので、逆らう事は出来ません。生活するうえで、必要最小限以外の金目の物は換金されますし、給与の差し押さえを受けます。

特に給与の差し押さえは会社の経理に話を通すので、会社に在籍しにくくなる可能性が高いです。この様にならない為にも早めに対処しましょう!

 

3分で匿名・無料診断が出来ます!

無料借金減額診断はこちら!

あなたの借金減額、できるかもしれません

 

逃げ切る事は難しい

プロミスなどの大手の消費者金融は、取り立てのプロの関連会社や、委託する会社がありますので、逃げ切るのは難しいでしょう。

例えば、引っ越しや夜逃げで現在の住所からいなくなるという方法もありますが、住民票を移せば直ぐに知られます。また、住民票を移さないと、以下の様なリスクがあります。

住民票を移さないデメリット

・選挙権が無くなる
・免許の更新ができない
・子供が学校に通えない
・健康保険証が使えない
・生活保護を受けれない

これらのリスクを背負って知らない土地で生活するよりも、プロミスと和解した方が良いでしょう。

また、夜逃げや引っ越しは家族を巻き込むことになりますと、当然、本人だけの問題ではなくなります。もし、あなたに配偶者や子供がいたら苦労させることになります。それでも良いですか?

苗字を変えたりする方法も昔は通用した部分も稀にありましたが、現代では難しいと考えた方が良いでしょう。

 

多重債務の状態ではないですか?

もしかしたら、あなたはプロミス以外の借金もありませんか?もし、3社以上から借り入れを行っている状態だと、借金を借金で返す泥沼状態かもしれません。

そうなると、通常の返済では完済はかなり難しいですし、生活費や固定費を削って返済を続けないといけないでしょう。

本業の終わりにアルバイトをしたり、残業時間を増やしても、数十万~数百万ある借金は簡単には返済出来ないです。一昔前に、多重債務者が増えすぎた事が問題になり、法もある程度は整備されました。

しかし、それでも、現在自らの意思で生涯に幕を閉じなければならない人は多いです。そのくらい借金に苦しめられる人が多いのが現状です。その様な状態から抜け出せるなら抜け出したくはないですか?

 

取り立ては家族にも影響を与え、自身の精神も肉体も疲弊させる

最初はプロミスから本人への携帯電話の電話やメールの連絡だけだったのが、無視すると、自宅の固定電話に連絡が来たり、督促状が郵送で届きます。

もちろん、プロミスとは分からない様に連絡してきますが、回数が多いと怪しまれる可能性が大です。そうすると、「この連絡は何だろう?」と家族を不安にさせるでしょうし、何より本人の精神も肉体も疲弊させる要因になります。隠し通すというのは想像以上に大変なのです。

その内、裁判所より督促状が来ますと、プロミスから借金があるのがバレますし、「そこまで切羽詰まった状況なのか。」というので家庭崩壊を招きかねないでしょう。

そうなると、離婚になる可能性もあるかもしれませんし、子供にも悪影響が出てきます。前述しましたが、夜逃げや引っ越しは現代ではかなり難しいと考えてください。

この様に取り立ては、家族にも本人にも悪い影響を与える事になります。

 

3分で匿名・無料診断が出来ます!

無料借金減額診断はこちら!

あなたの借金減額、できるかもしれません

 

プロミスの取り立ては早めに弁護士に債務整理を依頼するべき

もし、プロミスから取り立てがあれば、早めに弁護士に相談して債務整理を検討してください。弁護士が間に入れば、直ぐに取り立ては止まります。

また、そこからどの様に返済を行えば良いか、一緒に考える事が出来ます。繰り返しになりますが、差し押さえがあってからでは遅いので、動くのであれば早い方が良いです。

プロミスは業界でも最大手クラスの消費者金融なので、ブランドもありますし、債務整理に応じてもらいやすい面はあります。特に任意整理であれば手続きは簡単ですし、その上、将来利息や遅延損害金をカット出来るなどメリットは多いです。

債務整理を行った多くの方が、「早くやっておけば良かった。」「債務整理を知っていればこんなに苦しむ必要はなかった。」と口々に言っています。

債務整理の弁護士への初回相談は無料であるところがほとんどですし、どのくらい借金が減額出来るかシミュレーションも可能です。費用も分割が可能ですし、借金の取り立てで苦しんでいる人を救済する仕組みが債務整理になるのです。

もちろん、良い事ばかりでなく、デメリットもあります。例えば、一定期間、クレジットカードの作成やキャッシングが出来なかったり、ローンを組めなかったりと制限される部分は確かにあります。

しかし、借金問題が解決されるのであれば大きなデメリットにはならないですし、むしろ今までの自分のお金の使い方を見つめなおす良い機会になると思われる方も多いのです。

こうやって悩んでいる間も利息の影響でどんどん借金は膨らんでいきます。プロミス以外からも借り入れていれば尚更でしょう。財産を差し押さえになると、家族にも肩身の狭い思いをさせる事になります。それでも良いですか?

一人暮らしで、ご自身だけの問題だとしても完済するまでは取り立てや、差し押さえで精神的な安定は得られないと思います。通常の生活に戻りたくないですか?

もしあなたがこのサイトを見て頂き、債務整理を知ったのでればやり直すチャンスです!当記事が取り立てに悩んでいる方の、少しでも手助けになればと考えています。

 

当サイトオススメ弁護士・司法書士事務所です!

金山
僕がオススメする、弁護士・司法書士事務所です!
基本的に、24h借金に関する無料相談を受け付けており、全国対応の事務所になっております。
初回相談は無料となっており、初期費用に関しましても、相談に乗って頂く事が出来ますので、安心です!

東京ロータス法律事務所 債務整理無料相談申込

岡田法律事務所

ポイント!

日本全国どこからでご相談をお受けしています

債務整理の依頼をする事で取り立ては即日ストップします

着手金などは分割払いも承ります

相談費用は無料!お気軽にご相談ください!

土日も対応可能です!

弁護士法人東京ロータス法律事務所が選ばれる理由!

①初回相談無料です!
②ノウハウ・実績多数・土日、全国対応も可能!

弁護士法人東京ロータス法律事務所(旧:岡田法律事務所)は任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求に幅広い実績がございます。

債務整理をメインに活動しており、弁護士・スタッフ一同、利用しやすい法律事務所を目指しています!

また、依頼者の方が弁護士にアクセスしやすいよう、土日や全国からのお問い合わせにも最大限対応させていただきます!
費用も最低水準で分割払いも可能です。

東京ミネルヴァ法律事務所 無料借金減額診断

東京ミネルヴァ法律事務所

ポイント!

借金減額診断が無料で出来ます

全国で17,000件以上の借金問題を解決してきました!

何度でも無料でご相談頂けます!

日本全国どこでも対応可能です

匿名で個人情報が守られます!

東京ミネルヴァ法律事務所の借金減額診断はここがオトクです!

①年度でも無料相談が可能です!
②ノウハウ・実績多数・土日、全国対応も可能!
③匿名で個人情報が守られます!

東京ミネルヴァ法律事務所の無料借金減額診断は17,000件以上の幅広い借金問題を解決してきました!
日本全国どこでも対応可能で、匿名で個人情報が守られます!また、納得いくまで相談は何度でも無料で可能です。
借金から開放されるために、まずは借金が減額されるのかを知りたい。そんな方の為に当サービスは立ち上げられました!

借金が減額出来れば、あなたの悩みは全て解決します。借金が存在しない明るい明日のために、まずは一歩踏み出してみませんか。

司法書士法人みつ葉グループ 債務整理 無料相談申し込み

ポイント!

総勢60名の債務整理専属チームがフルサポート

多くのメディア出演・出版

電話・面談でのご相談はすべて無料です

無理のない費用設定

家族・会社に知られないノウハウ

 

24時間365日受付 全国対応 テレビやラジオなどメディア出演も多い島田雄左司法書士が代表を務める司法書士法人になります。
人情派の司法書士で相談者の満足度が非常に高いのも特徴です。

完済過払いの費用は成功報酬として損なく差し引きします。その他の債務整理では、毎月少しずつの分割が可能です。
個人情報の管理・秘密厳守はもちろん、お電話の時間・郵便物など、家族・職場に悟られないよう徹底配慮します!

-借金返済あれこれ

Copyright© 借金返済はじめて講座 ~債務整理は弁護士へ~  , 2019 All Rights Reserved.