借金返済あれこれ

借金で生きるのが辛いと絶望している・・解決策はある?

更新日:

Pocket

今回は40代男性から借金で生きるのが辛いので、なんとかしたいという要望があったので応えたいと思う。
金山
長友
やはり借金の額が多いと生きるのも辛いくらい追い込まれる事になるよなあ。気持ちは分かる。
借金を背負う理由は人それぞれだけど、最初は数万円程度の借金だったのが、利息とかで段々膨らんで来ると大変になってきてキャパオーバーになる人は多いかな。
あとは住宅ローンとか。
金山
長友
本人の自覚の問題だけじゃなくて、どうしても働けなくなったりする事もあるからね。
それもあるかな。そういった事情もあるので、今回は借金で生きるのが辛いくらいに思い詰めてる人に向けて対処法なんかを解説したいと思う。
金山

 

3分で匿名・無料診断が出来ます!

無料借金減額診断はこちら!

あなたの借金減額、できるかもしれません

 

借金で生きるのが辛いなら債務整理を検討する

人は誰しも借金を背負う可能性はあります。住宅ローン、車のローン、奨学金、リボ払い、消費者金融など。

クレジットカードでの支払いも、滞納や遅延があると借金になります。

その中でも借金の額が多額だったり、多額ではないにしても、怪我や病気や家庭の事情で働けなくなり、返済がなかなかできず、「生きていくのも辛い」という人もいます。

そこで最悪のケースは自らの意思で生涯に幕を閉じてしまう事です。借金でその様に、最悪のケースになるのは珍しい事ではありません。

もし、そのくらい思い詰めているのであれば、良い方法があります。

それは債務整理です。

債務整理は借金問題のプロの弁護士に依頼する事により、借金を減らしたり、ゼロにする事が可能な手続きです。

当ページでは、"借金で生きるのが辛い"、"自らの意思でその生涯に幕を閉じたい"、"借金をなんとか出来るならしたい"と考えている方に向けた内容になります。

 

借金を減らしたり、無くしたりする制度が法律で認められている

債務整理は借金を減らしたり無くしたりできる制度で、国に法律によって認められているものです。

確かに、借りたものは返さなければならないです。しかし、誰しも返済出来なくなる何かしらの事情はあります。

借金が返済出来なくなる主な理由

怪我

病気

会社の倒産

リストラ

離婚

親の介護

事業の失敗

無計画に使い過ぎた

上記の様に、理由はどうあれ、誰しも失敗したり、どうしようもない事情はあります。

また、2000年代に多重債務者の問題や住宅ローン破産者が続出した経緯があり、法がより整備された経緯があります。

債務整理を行う事は恥ずかしい事ではなく、国に認められているものです。ギャンブルや買い物依存の借金なども例外ではないです。

減らせない借金はないのです。

 

3分で匿名・無料診断が出来ます!

無料借金減額診断はこちら!

あなたの借金減額、できるかもしれません

 

弁護士に任せる事で、あなたの借金問題は解決される

弁護士に依頼すれば、極端な言い方をすると、あなたは何もせずに借金問題は解決されます。

手続きによっては必要書類を集めたり、本人が裁判所に出廷しなければならない時はあります。

しかし、そういった、「どうしても本人ではないと出来ない事以外」は、全て弁護士が対応する事になります。

書類作成や貸金業者との交渉、裁判官とのやり取りなど全てです。

また、弁護士に依頼した時点で直ぐに貸金業者などの督促をストップする事が出来ます。本人の裁判所の出廷も、やり取りのアドバイスをきちんともらえます。

債務整理を行った事を、家族に知られない様にする事も出来るので、借金問題を隠したい場合も有効です。

この様に、全て弁護士に任せる事で、借金問題を解決できます。

当サイトおススメの債務整理に強い、東京ロータス法律事務所です。借金問題の解決実績が豊富で、相談は無料です!
金山
債務整理に強い!東京ロータス法律事務所のメリットと特長

  ここでは、債務整理に強い東京ロータス法律事務所の概要と、なぜ債務整理に強いのかを紹介したいと思う。金山 長友評判とか、費用とか気になる面を知りたいかも! そうだね、弁護士に依頼するってハ ...

続きを見る

債務整理を行えば、自らの意思で生涯に幕を閉じたいと思う必要はなくなる

このページを見ているあなたは借金問題に苦しんでいると思います。さらに、もしかしたら、自らの意思で生涯に幕を閉じたいと考えているかもしれません。

しかし、その必要はないです。今すぐその考えを捨ててください。

何故なら債務整理をすれば借金が減らせるからです。場合によってはゼロにも出来ます。

少なくとも、借金が無くなれば、もしくは返済の目途が立てば、自らの意思で生涯に幕を閉じたいなどと考える必要はなくなるはずです。

そうですよね?

もう一度言います。債務整理であれば借金を減らせますし、場合によってはゼロにも出来ます。将来利息のカット、無理のない分割返済、大幅な借金の減額、借金のチャラ、過払い金の請求。

債務整理はいくつか手続きがあるので、ご自身の状況によりけりですが、あなたの借金問題は債務整理で解決します。

その結果、自らの意思で生涯に幕を閉じたいと思う必要はなくなるのです。

 

3分で匿名・無料診断が出来ます!

無料借金減額診断はこちら!

あなたの借金減額、できるかもしれません

 

借金を理由に人生を終わらせたいと思う必要はない

借金で人生を終わらせたい思う必要は一切ないです。人それぞれ借金をするのは理由がありますし、また返せなくなるのも理由があります。

何故、人生を終わらせたいと思う必要はないか。その理由を解説します。

 

借金をするのが仕方ない時代背景もある

昭和の時代であれば、サラリーマンは、年功序列賃金制、終身雇用制などである程度の雇用が保証されていました。つまり、年齢を重ねるごとに、給料は上がりましたし、会社が倒産しない限りはサラリーマンの身分は保証されました。

給料が上がるのであれば、若い内からクルマも家も買えましたし、多少無駄遣いしても問題ない時代もあったのです。

しかし、平成に入り、バブルも弾け、年功序列も終身雇用も完全に崩壊。若者はクルマも家もなかなか買えないですし、買ってもローンが払えずに手放さなければならない事態も続出。

不況でなかなか就職も出来ない、出来ても、低賃金で奨学金の返済もままならなくなる人もとても多いです。

利息の事もよく説明がなく、スマホで簡単に消費者金融で借金が出来てしまい、多重債務になる人もいます。

フリーター・ニート・派遣問題などの雇用の問題、少子高齢化、年金受給年齢の引き上げなど、借金をせざるを得ない時代なのです。

あなただけの問題ではない時代背景があるのです!その為、借金をする事を恥じる必要はないです。

 

借金で苦しい時は無理をし過ぎない

借金が苦しくなると、無理にでも返済をしようとする人もいます。空いた時間にアルバイトしたり、残業時間を増やしたり、過重な労働をするパターンがあります。

他にも、家の物を売ったり、家族や友人・知人からお金を借りるパターンもあるでしょう。

しかし、空いた時間に時給900円~1000円くらいのアルバイトをしたり、残業時間を少し増やしても、数十万~数百万の借金を返済する根本的な解決にはあまりならないです。

その上、身体を壊したりしては本末転倒です。身体を壊すと、精神も蝕んで来ます。

メルカリやヤフオクで家の物を売ってもせいぜい数千円か数万円程度にしかならないでしょう。家族や友人からお金を借りるのは、その後の関係性が崩壊する原因にもなり兼ねません。

この様に無理をすることで、精神も肉体も疲弊しますし、人間関係にも悪い影響を与えます。

その上、借金が減らず督促が来るので、さらに精神的に追い詰められます。借金で苦しくても無理はし過ぎずに、もっと根本的な解決策を考えるのが先決です。

 

3分で匿名・無料診断が出来ます!

無料借金減額診断はこちら!

あなたの借金減額、できるかもしれません

 

あなただけではく、借金が出来てしまう仕組みにも問題はある

2010年以降、年収の1/3以上を消費者金融やキャッシングなどで借り入れる事は出来ないと法律で定められました。これを総量規制と言います。

例えば年収300万円以上の人は100万円以上の借金は消費者金融などからは出来なくなります。確かにこの制度で自己破産者や多重債務者は、それ以前に比べたら減りました。

しかし、冷静に考えたら年収300万円の人が消費者金融で100万円の借金を返そうとしたら何年掛かるのだろうかという話になります。

月に3万5千円程度返済しても3年以上は普通に掛かります。しかし、年収300万円の人が月に3万5千円返済するのは結構キツいでしょう。

さらに自動車や車のローンは総量規制の対象外になりますし、クレジットカードのショッピング枠も対象外になります。

つまり、総量規制があってもそれ以上の借金は出来てしまうのです。

他にもリボ払いはもっとタチが悪く、例えば30万円を年率15%で借り入れて、月々5000円の支払いとします。

すると、総支払回数は何回だと思いますか?

 

なんと112回払いにもなります!

 

総返済額は55万円以上で、10年近く払う事になります。

もちろん、リボ払いに加入させる時は、こういった説明はされません。「月々5000円で無理なく返済出来ますよ。」と上手い話しかしません。

それを知らずにリボ払いをおこなうと大変な事になります。

奨学金も低金利ではありますが、15年~20年間返済し続けなければならないのは楽な事ではないです。奨学金破産も多いですし、今では安易に奨学金を借りない様に推奨している専門家もいます。

こういった事は世の中にある借金のほんの一部です。こういった仕組みを知らずに、知らず知らずに借金が出来てしまうのが問題な面も大いにあります。

 

3分で匿名・無料診断が出来ます!

無料借金減額診断はこちら!

あなたの借金減額、できるかもしれません

 

精神を正常に保つ方法を考える

日本人は真面目な国民性ゆえ、追い詰められるとどうしても悲観してしまう面があります。

そして一人で抱え込んで、どんどん精神を病んでしまう事になります。ここでは、精神を正常に保つ方法を記載します。

 

信頼できる誰かに相談に乗ってもらう

信頼出来る誰かに話を聞いてもらうというのは大事な事です。親でも兄弟でも友人・知人でも誰でも良いです。

特に男性はプライドが高いので、なかなかそういった愚痴や不安な点を人に言えない傾向にあります。「実は俺も借金があった。」なんて笑い話になるかもしれません。

話を聞いてもらうとスーッと心が晴れるでしょう。いずれにしても一人で抱え込むのは良くないです。

しかし、本当に話せる人がいないのであれば、以下の様な電話相談窓口があります。

厚生労働省「こころの健康相談統一ダイヤル」
0570-064-556

 

日本いのちの電話相談
0570-783-556

他にも各地方自治体に相談窓口があります。まずは相談に乗ってもらう事が大事です。

 

自分自身を責め続けない

どうしても借金を背負うと自分が悪いんだと責め続ける人がいます。これは真面目な人に特に顕著です。確かに反省する気持ちは大事です。

しかし、ずっと暗い気持でいても、状況は改善しません。もし自分を責め続けるのであれば改善策を考えるのが遙かに生産的です。

仮に借金を完済するまで自分を責め続けたら、性格も荒んでしまうかもしれません。自分だけでなく、他者に攻撃的になったり、ちょっとしたことで疑心暗鬼になったりと良い事はないです。

反省はしても、責め続けるのは止めましょう。

 

借金がない生活を想像する

借金がない生活を想像する事も大事です。もし、借金がなければ、あんな事やこんな事も出来るというのを想像しましょう!

趣味でも旅行でも食でもなんでも良いです。それが借金返済をするモチベーションになりますし、生きるのが辛いと感じる気持ちを出来るだけ遠ざけましょう。

確かに、借金がどうにもならないくらいに膨らんでしまったり、返済出来ない事情もあるでしょう。

ただ、何かしらの方法はあります。そのくらい楽観的に考えた方が結果的に良い方向に向かいます。

まずは、以下のサイトでいくらくらい借金が減額できるかシミュレーションしてみましょう!

そうすると、自分が悩んでいた事が案外難しい事ではないというのが分かるかもしれません。

 

3分で匿名・無料診断が出来ます!

無料借金減額診断はこちら!

あなたの借金減額、できるかもしれません

 

借金は死んだ自分以外にいく

もし、あなたが借金を苦に自らの意思で生涯に幕を閉じたいと考えていたとしたら、その考えは今すぐに止めましょう。

改善策はいくらでもありますし、他の人に迷惑が掛かります。

 

相続で借金やローンは他の誰かにいく

もし、あなたが借金やローンを抱えて自らの意思で生涯に幕を閉じたら、その負債は保証人にいきます。保証人がいない借金なら家族にいきます。

例えば子供がいれば子供に行きますし、配偶者がいれば妻か夫にいきます。

もし、配偶者も子供もいなければ、親に行く事になります。親もいなければ誰かしらの親族にいきます。

つまりあなた以外の誰かが代わりに苦しむことになるのです。

また、電車の飛び込みやホテルや賃貸マンションで人生の終幕を自ら迎えると、損害賠償請求もいきます。借金やローンも背負い、損害賠償も背負う事になります。

そして何よりあなたが亡くなる事に親族は最も大きなショックを受ける事になります。

あなたがご自身の生涯に幕を閉じれば楽になるというものではないのです。これで良いですか?

 

誰かの事を考える

ご自身の生涯を自ら幕を閉じば借金がチャラになる訳ではありません。その負債や賠償金は保証人や親族にいきます。

そして、金銭面だけでなく、あなたが亡くなる事で葬儀代やお墓の準備も必要になります。その葬儀には友人・知人も参列する事になります。

これらを行うのはあなた以外の誰かです。

そのあなたが亡くなると、これらの事をしてくれる人たちが悲しむことになります。

身体だけなく、心にも借金を背負う事になります。

もう一度考えてください。他の誰かの事を。親族だけでなく、友人・知人の事を。

 

とにかく生活することを最優先に考える

まず、今ご自身が生活する事を最優先に考えて下さい。悲観しないでください。

生活費を借金に回して辛いかもしれません。もしかしたら、督促に苦しんでいるかもしれません。

しかし、借金を減額したり、ゼロにする方法はあります。何かしらの手立てはあるのです。

もう少しの辛抱です。

まずは借金減額のプロである弁護士に相談してください。債務整理であれば、弁護士が借金返済の最適な方法を考えてくれます。借金をしない方法などの相談にも乗ってくれるでしょう。

まずは、以下のサイトでいくらくらい借金が減額できるかシミュレーションしてみましょう!

今あなたは普段の日常生活すら余裕がないかもしれません。しかし、債務整理が生活を立て直すきっかけになるはずです。

 

3分で匿名・無料診断が出来ます!

無料借金減額診断はこちら!

あなたの借金減額、できるかもしれません

 

借金を無くすのは、自らの意思で生涯に幕を閉じるより簡単

借金を無くすのは自らの意思で生涯に幕を閉じるより簡単です。

鉄道の飛び込みは楽だと思いますか?最初の数分~数十分は物凄い激痛があるそうです。

首吊りは楽だと思いますか?意識が遠のくまではとても苦痛だそうです。また、失敗すれば重大な後遺症が残る可能性があります。

鉄道会社やホテルなどへの賠償金は誰が払いますか?数千万円規模になる事もあります。

それに比べたら借金返済など自ら生涯を閉じるより簡単です。

 

あなたがいなくなれば悲しむ人がいる

あなたは生まれて来た時一人でしたか?違いますよね?

父親、母親、おじいさんおばあさん、親戚のおじさんおばさん、、色々な人に祝福されて生まれて来ましたよね?もしあなたが居なくなったら悲しみませんか?

幼稚園、小学校、中学校、高校、大学など友人・知人が居ましたよね?もしかしたら今は繋がりが薄いかもしれません。けど、あなたが居なくなればきっと悲しむでしょう。

親友と呼べる存在の人がいれば尚更です。

借金で自ら生涯を閉じようとして、踏みとどまった人の多くが、「自分が居なくなったときに悲しむであろう人の顔を思い浮かべた」と言います。

あなたは一人ではないのです。居なくなれば悲しむ人が必ずいます。

 

自ら生涯を閉じる原因の第二位は経済問題、救えた命もある

以下のグラフは警視庁が発表した自らの意思で生涯に幕を閉じた人の原因の内訳です。

その第二位が経済問題です。つまり借金を苦にする人はこれほどまでに多いのです。もちろん、借金と一口に言っても様々だと思います。

数千万の借金を背負ってしまった人、数十万でも悲観してしまった人。人それぞれ置かれた状況が違いますし、金額で比較するものではないです。

しかし、もし、債務整理を知っていれば。

手続きも難しくなく、弁護士を使う方法で、国に認められている手続きがあると分かっていれば。

手続き次第では、無理なく返済出来たり、借金自体がゼロになった人もいるでしょう。

自らの意思で生涯に幕を閉じた人の中には、過払い金があり、実は借金を返す必要もなかった人もいるのです!その様な事態に憤りを感じている弁護士もいるのです。

債務整理で救えた命もあったはずです。

 

3分で匿名・無料診断が出来ます!

無料借金減額診断はこちら!

あなたの借金減額、できるかもしれません

 

一度いなくなったと思って、前向きに生きてみましょうよ!

もし、あなたが借金に悲観して、生きるのが辛いと考えていたら、借金をした自分は一度居なくなったと思い、完済し、生まれ変わって前向きに生きる事が出来ると考えましょう!

使い古された言葉かもしれませんが、「死ぬ気になればなんでも出来る」というのがあります。その通りで、死ぬ気になれば大抵なんでも出来ます。

そして、債務整理は弁護士に全て任せるものなので、自分はめちゃくちゃ頑張るものではないのです。

それでも生きるのが辛いと思いますか?自らの意思で生涯に幕を閉じたいと考えますか?

一度どの程度借金が減額されるかシミュレーションで見てみませんか?無料相談でどの程度減額されるか聞いてみませんか?

悲観するのはそれからでも遅くないです。あなたは生きるのが辛いと感じる必要もないですし、生涯を閉じる必要もないのです。

何故なら債務整理で借金問題は解決できるからです。

あなたはこの世に生を受け、生きる価値があるのです。借金問題があっても無くても、あなたは前向きに生きる権利があるのです。もし、借金が辛いと思うのであれば一歩踏み出してください。

債務整理が必ずあなたの手助けになります。当記事が借金で生きるのが辛いと考えている方の一助になれば幸いです。

 

当サイトオススメ弁護士・司法書士事務所です!

金山
僕がオススメする、弁護士・司法書士事務所です!
基本的に、24h借金に関する無料相談を受け付けており、全国対応の事務所になっております。
初回相談は無料となっており、初期費用に関しましても、相談に乗って頂く事が出来ますので、安心です!

東京ロータス法律事務所 債務整理無料相談申込

岡田法律事務所

ポイント!

日本全国どこからでご相談をお受けしています

債務整理の依頼をする事で取り立ては即日ストップします

着手金などは分割払いも承ります

相談費用は無料!お気軽にご相談ください!

土日も対応可能です!

弁護士法人東京ロータス法律事務所が選ばれる理由!

①初回相談無料です!
②ノウハウ・実績多数・土日、全国対応も可能!

弁護士法人東京ロータス法律事務所(旧:岡田法律事務所)は任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求に幅広い実績がございます。

債務整理をメインに活動しており、弁護士・スタッフ一同、利用しやすい法律事務所を目指しています!

また、依頼者の方が弁護士にアクセスしやすいよう、土日や全国からのお問い合わせにも最大限対応させていただきます!
費用も最低水準で分割払いも可能です。

東京ミネルヴァ法律事務所 無料借金減額診断

東京ミネルヴァ法律事務所

ポイント!

借金減額診断が無料で出来ます

全国で17,000件以上の借金問題を解決してきました!

何度でも無料でご相談頂けます!

日本全国どこでも対応可能です

匿名で個人情報が守られます!

東京ミネルヴァ法律事務所の借金減額診断はここがオトクです!

①年度でも無料相談が可能です!
②ノウハウ・実績多数・土日、全国対応も可能!
③匿名で個人情報が守られます!

東京ミネルヴァ法律事務所の無料借金減額診断は17,000件以上の幅広い借金問題を解決してきました!
日本全国どこでも対応可能で、匿名で個人情報が守られます!また、納得いくまで相談は何度でも無料で可能です。
借金から開放されるために、まずは借金が減額されるのかを知りたい。そんな方の為に当サービスは立ち上げられました!

借金が減額出来れば、あなたの悩みは全て解決します。借金が存在しない明るい明日のために、まずは一歩踏み出してみませんか。

司法書士法人みつ葉グループ 債務整理 無料相談申し込み

ポイント!

総勢60名の債務整理専属チームがフルサポート

多くのメディア出演・出版

電話・面談でのご相談はすべて無料です

無理のない費用設定

家族・会社に知られないノウハウ

 

24時間365日受付 全国対応 テレビやラジオなどメディア出演も多い島田雄左司法書士が代表を務める司法書士法人になります。
人情派の司法書士で相談者の満足度が非常に高いのも特徴です。

完済過払いの費用は成功報酬として損なく差し引きします。その他の債務整理では、毎月少しずつの分割が可能です。
個人情報の管理・秘密厳守はもちろん、お電話の時間・郵便物など、家族・職場に悟られないよう徹底配慮します!

-借金返済あれこれ

Copyright© 借金返済はじめて講座 ~債務整理は弁護士へ~  , 2019 All Rights Reserved.